住宅ローン,借り換え

事務手数料と印紙代

住宅ローンを借り換える場合に、新たに諸費用というコストが掛かってくることは理解されている方が多いかと思います。そこでここでは諸費用の内訳について個別に解説していきたいと思います。 それでは最初に事務手数料と印紙代について整理しておきましょう。 住宅ローンの諸費用のなかで事務手数料とういうのは借り入れする金融機関へ支払う費用のことで、ローン(融資)手数料や単に手数料としてバンフレットやウェブサイトに記載されていることもあります。金額は決して大きくありませんが、店舗型の金融機関(都市銀行や)では大体31,500円というところです。これがネットバンク系の住宅ローンになると、融資金額の2.1%(消費税込)で最低事務手数料を21万円(消費税込)となっているところ、また一律105,000円などとなっているところが多く、店舗型金融機関のような31,500円程度の安い事務手数料を提示しているネットバンク系の住宅ローンは見当たりません。 これを見ると「ネットバンクの住宅ローンは諸費用が割安だと聞いていたけれど、実際はそうでもないの?」と思うことでしょう。もちろん諸費用総額でみるとネットバンク系の住宅ローンの諸費用が割安だというのは間違いないのですが、この事務手数料だけは意外に高くてびっくりさせられるところです。一律金額で提示されていない場合は、最低でも21万円、借り換え額が大きくなるともっと高くなることもあるわけですから、たとえ保証料が無料となっていても注意しなければならないでしょう。 印紙代は金融機関とローン契約を締結する際に必要になるもので、金銭消費貸借契約書に貼付するものです。借り換えするローンの金額が1,000万円を超、5,000万円以下の場合は2万円の収入印紙代を負担することになります。これは銀行によって変わるものではありませんので、この数字をそのまま覚えておくと良いでしょう。