住宅ローン,借り換え

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険は通常団信と呼ばれているものでご存知の通り、民間に住宅ローンの借り入れの際に加入が義務付けとなっている生命保険です。住宅ローンを返済中に債務者が死亡した場合や高度障害に陥った場合、住宅ローンの残債を団信の保険金を充当され、残された家族には残債務を支払い負担が及ばないようになっており、金融機関も債権を回収できることから、団信加入をローン利用者に義務付けているわけです。 住宅ローンは長期間に渡って返済をしなければならないものですから、個人の債務者に万一のことがあれば金融機関にもそうですが、何と言っても家族に多大な負担を残すことになってしまいます。住宅ローンの団信加入という制度は非常に良い制度と言えるでしょう。 民間の金融機関では団信に加入することが融資の条件となっているわけですが、保険料は融資金利に含まれていることから保険料を支払っていることを意識することはないと思います。つまり団信の保険料は毎月の返済額に含まれているということです。そして住宅ローンを借り換えする場合ですが、これまで借りていた住宅ローンを完済すると、そのローンに付いていた団信は消滅し、新たな借入先の団信生保料は借り換え後の月々の支払金額に含まれるわけですから、諸費用として実質的にかかるお金はありませんし、返還される保険料も発生しません。また団信は加入時の年齢によって保険料が変わることもありません。ですから借り換えの際のお金の負担や返還に関しては、団信については何も気にすることはありません。ただし、ひとつだけ注意したいことがあります。それは健康状態に関することです。 団信は生命保険会社が運営している保険商品であり、加入時には告知書を使用して現在の健康状態を告知しなければならなりません。現在返済中の住宅ローンを借りるにあたっても告知書に丸をつけて銀行に提出した記憶があることでしょう。あのときはまだ若くて、とくにひっかかるような箇所がなかったかも知れませんが、あれから年齢を重ねていれば、告知情報に変化が出くることは十分あり得ることです。かりに保険加入に問題となるような健康状態の変化があった場合は、借り換え用に住宅ローンを組むことができなくなるということがあるわけです。 普通の生命保険でも、できるだけ健康なうちに、早め入っておいた方が良いと言われますが、住宅ローンにもおなじことが言えるわけです。借り換えは思い立ったら早めに動いておいたほうが良いと言われるのも全く同じ理由が当てはまるからということは理解しておいたほうが良いでしょう。 なお団信加入が義務付けとなる民間の住宅ローンとは違い、旧住宅金融公庫の住宅ローンの団信などは任意加入となっていたわけですが、それでもほとんどの方が団信に加入しているはずです。住公の団信は民間の住宅ローンの団信と違い、現在も住公の住宅ローンを返済している方は毎年一回年払で団信生保料を払い込んでいるかと思います。現在でもフラット35では団信が任意加入となっていることがありますが、どうしても健康上の理由から民間の住宅ローンに借り換え出来ない場合は、こうした機構の住宅ローンなどを選ぶなどを検討してみると良いでしょう。