住宅ローン,借り換え

抵当権設定登記費用と抹消手続きについて

抵当権設定登記というと難しく感じますが、これは担保設定の登記のことで、住宅ローンの融資対象となる土地・建物、またマンションといった不動産(融資物件)に債権者である金融機関が担保設定する手続きのことです。 融資物件の登記簿を閲覧すると、担保設定した金融機関名・債権金額・日付などが明記されているわけですが、これが抵当権設定登記をしたことの証でもあるわけです。また注意しなければならないのはたとえ住宅ローンを完済していても抵当権設定登記の抹消鉄続きを踏んでいないと、登記簿から抵当権を設定した事実が消えずに残ったままとなり、登記簿上は借金が残ったままであるとみなされることになります。住宅ローンの借り換えでは新規に借り入れた金融機関に担保設定権が移行するわけですから、ローンの完済と旧抵当権の抹消手続きをかならず済ませておく必要があります。 ということで、住宅ローンの借り換えでは、旧金融機関の抵当権抹消手続きと新金融機関の抵当権設定登記費用がかかるということになります。 ただし抵当権抹消にかかる費用は、司法書士の報酬を含めても2万円前後ですから、諸費用のなかでは大きな金額ではありません。新たな抵当権設定登記費用が高くついたと考えれば納得出来る金額と言えるのではないでしょうか。ちなみに抵当権設定登記費用ですが、物件・債権金額にもよりますが、司法書士報酬を含めても11万円程度です。住宅ローンの借り換えをすることで、一回で済んだ費用が2倍少々かかるわけですから、意味のある借り換えをしなければこうしたコストが全てムダになると考えてしっかり検討しなければなりませんね。 なお抵当権設定登記等は、自分で行うこともできますので、平日に時間が取れる方は法務局などでやり方を教えてもらってやってみるのも勉強になるかも知れません。でも基本は専門家にやってもらうことがいちばんです。 知人に司法書士がいる場合はその方に依頼しても構わないのですが、銀行側で付き合いのある司法書士に任せてしまうのが最も賢い方法と言えます