住宅ローン,借り換え

返済期間を長くできる場合がある

借り換えを検討している方のなかには、就業環境の変化や教育資金の増大などで、借り入れ当初に思い描いていたライフプランが大きく崩れて、毎月の住宅ローンの返済が相当厳しい状況に陥っている方もいるかも知れません。まただからこそ借り換えを実施して月々の返済額を減らしていきたいと考えているわけでしょう。 ただし金利が下がった程度では希望している毎月の返済額にまで下がらないこともあります。そうした場合は残存返済期間を長くすることが、毎月の返済額を減らすためのいちばんの方法となります。 返済期間を長くするだけであれば、現在利用している銀行に返済期間の延長を相談することも可能ですが、これは一種の返済猶予の申し入れを行うことと同じことになり、金利面での優遇措置を取り外されてしまうリスクもありますので、最終手段として温存しておきたい方法といえます。じつは借り換えローンに力を入れている銀行では、借り換えローンの返済期間を現在のローンの返済残存期間から延長してくれるところがあります。ですから返済期間を延長したい方は、今付き合っている銀行に返済期間の延長交渉をするのではなく、借り換えを実施していったほうが良いということです。 またボーナス払いを併用していたけれど、勤務先の賞与があてにならなくなったことから、賞与月の返済部分を月々の振り分けたいという方にも借り換えによる返済期間の延長がおすすめできます。ぜひ検討してみることをおすすめします。なお現在返済期間の延長に対応しているのは新生銀行と住信SBIネット銀行です。それぞれに取り扱いに違いがありますので、じっくり検討してみてください。返済期間を延長すると月々の返済額は間違いなく減少しますが、総支払額は増加します。余裕資金を形成できるようになったら適宜繰り上げ返済を行い、金利負担分を減らせるように頑張ってほしいと思います。