住宅ローン,借り換え

諸費用について

住宅ローンの借り換えでもうひとつ頭に入れておいて欲しいのが諸費用に関することです。すでに住宅ローンを借りた経験をお持ちの方であれば、住宅ローンで諸費用と言うと、それがどういうものなのかはお分かりかと思いますが、復習の意味を込めて簡単に整理しておきたいと思いまます。 【住宅ローンの諸費用】 1.事務手数料 金融機関に支払う事務手数料 2.印紙代 金融機関と金銭消費貸借契約(ローン契約)を締結する際に負担する印紙税 3.抵当権設定登記料 土地・建物やマンションなどローン対象物件に担保設定する際の登録免許税+司法書士への報酬です。なお借り換えで完済した旧住宅ローンのほうで、抵当権抹消費用もかかりますので(約15,000円から20,000円弱になることも)その分も見越しておきましょう。 4.保証料 住宅ローン借主のローン返済が滞った場合の保険として保証会社支払われるお金。諸費用のなかでもウェイトが大きい保証料ですが 借り換え専用の住宅ローンのなかには保証料が無料のところも出てきています。 5.団体信用生命保険料(団信生保料) 住宅ローンの借主が万一死亡した場合や重度の障害を負った場合に適用される生命保険で、保険金はローン残債の支払いに充当されます。 団信生保料は基本的にローン金利に保険料が加味されているので、実費負担はありません。最近では様々な特約が付帯された団信が多く出ています。 6.火災保険 ローン返済中の自宅が火災などに見舞われた場合に適用される損害保険で、基本的に金融機関は火災保険に担保設定することを条件にローンを融資します。 なお住宅ローンの借り換えではそれまで掛けていた火災保険を引き継ぐことができます。従って論理上は借り換え時に新たに保険料は負担しなくても済むわけです ただし住宅ローンが古いもの、住宅金融公庫の特約火災保険の場合、債権保全のための「時価」での契約となっている場合がありますので、追加で保険料を負担しても建物が再取得できる「新価」で再契約しておくと安心でしょう。 こうして見ると借り換えするのも大変だと感じるかも知れませんが、保証料がかからない借り換え向きのローンを選択すれば、事務手数料、印紙代、抵当権設定・抹消費用程度で済みます。あとは火災保険が時価契約であるなら新価契約に見直す必要があるかと思いますので、それがプラスアルファとなります。 初めて組んだ住宅ローンでは、保証料はもちろん、火災保険料も一括で負担していると思いますが、借り換えではウェイトの大きいふたつがゼロか、掛かってもプラスアルファ程度で抑えられるということです。