住宅ローン,借り換え

借り換え先の選択

住宅ローンの借り換えは、借り換え先の選択ですべてが決まると言っても過言ではありませんが、検討に時間をかけすぎて一向に前に進まないというのも問題です。 借り換え先を検討するということはローン商品の内容を検討するということなのですが、金融機関の形態が都市銀行などの実店舗運営型の金融機関かネットバンク系のオンライン運営型の金融機関かで、好みやこだわりがどうしてもあるという方もいるはずです。金利の面で言うと、ネットバンク系の住宅ローンを検討先から外すというのはかなり勿体無い話ですが、実店舗型の銀行で「担当者と顔を付き合わせて相談したい」「ネットバンクは何となく不安」という方は、実店舗を構えた銀行で借り換えを検討すれば良いと思います。 銀行によってはカード・ローンをつくると更に店頭金利から引き下げてくれたと色々便宜をはかってくれることもありますし、最近ではネットバンク系と同じように繰り上げ返済手数料を無料としているところも出てきています。ただし実店舗型の金融機関ではさすがに保証料が無料となるところはありませんので諸費用の初期負担が多くなる傾向があります。ただこれも当初かかる保証料を無料にしてくれる代わりに金利上乗せで対応しているところがほとんどですので、その金利上乗せが許容範囲であるなら検討する価値はあります(ただしこの場合は一括で支払ったほうが割安ですが)。 なお多くの都市銀行、地方銀行では、営業時間外や土日にローン相談ができるローンプラザが設置されているはずですので、平日の日中にどうしても時間が取れないという方はそれらのサービスを活用してみてください。 ネットバンク系の住宅ローンは、金利や諸費用の面で魅力的な商品が多いので、実を取るという方はぜひ検討してみると良いでしょう。金利の低さだけでなく、保証料無料、団信生保に付帯されている豊富な特約など、ローン商品として色々な魅力を備えている点が特徴となっています。またネットバンク系の住宅ローンでは、条件を満たせば借り換えで返済期間を伸ばせるものもあります。 またネットバンク系の住宅ローンのなかには、変動金利型から固定金利型への変更が手数料無しででき、かつ翌月金利を月中で発表しているところもあります。こうした商品設計で独自性を打ち出しているのもネットバンク系の住宅ローン(借り換えローン)の特徴と言えるでしょう。 ただひとつ難点としてあげられるのは、ネットバンク型住宅ローンでは該当物件の所在地が市街化区域内であることが融資条件となっているところがほとんどですので、この点だけは注意が必要です。